交通事故の過失割合は誰が決めるのか?

 2023-06-14    142  

交通事故は、誰にでも起こる可能性があります。事故が起こった場合、過失割合について気になる方も多いでしょう。過失割合とは、事故の原因となった行為の程度を比較し、各当事者の責任の割合を決めることです。では、交通事故の過失割合は誰が決めるのでしょうか?

交通事故の過失割合は、原則として保険会社が決定します。事故が起こった場合、各当事者から事故の状況を説明し、保険会社が調査を行います。その結果、過失割合が決定されます。ただし、当事者間で合意できれば、保険会社の決定を受け入れる必要はありません。

交通事故

過失割合の決定には、交通事故法や民法の規定が適用されます。具体的には、運転者の注意義務違反や交通ルールの違反などが考慮されます。また、事故の状況や車両の速度、天候なども過失割合の決定に影響します。

過失割合が決定されると、保険会社から各当事者に通知が届きます。その後、保険金の支払いや損害賠償の交渉が進められます。過失割合が自分に不利な場合、弁護士に相談することもできます。

交通事故が起こった場合、過失割合の決定は重要な問題です。保険会社が決定する場合が多いですが、当事者間で合意できれば、保険会社の決定を受け入れる必要はありません。過失割合の決定に不服がある場合、弁護士に相談してみることをおすすめします。

元のリンク:https://rb-lawyer.com/post/32.html

=========================================

https://rb-lawyer.com/ 为 “コンパル法律事務所” 唯一の公式サービス プラットフォームです。他のチャネルは信用しないでください。