交通 事故 無料 相談(当て逃げの場合はどうすればいいですか?)

 2023-06-16    152  

当て逃げ事故に遭った場合、被害者側は様々な問題に直面する可能性があります。まず、加害者が特定されない場合、保険会社からの賠償請求や警察からの任意出頭要請などに対処する必要があります。

そこで、被害者側が取るべき行動をいくつか紹介します。

まず、全力で情報収集を行いましょう。事故現場周辺の監視カメラの映像や、目撃者からの証言など、加害者を特定するための手掛かりを探しましょう。また、自分が被害者であることを示すために、警察に被害届を出すことも重要です。

次に、保険会社に相談しましょう。自賠責保険という加入義務のある保険によって被害者は補償されますので、被害届を提出したら速やかに保険会社に連絡しましょう。保険会社が被害届を受理したら、被害者に対して示談交渉を行います。この場合、弁護士の助言を得ることも可能です。

交通 事故 無料 相談

また、一定の期間が経つと加害者が特定されなければ、警察からの呼び出しがあります。この場合、弁護士の協力を得ることで、調書作成や任意出頭の手続きをスムーズに進められるでしょう。

最後に、当て逃げ事故の被害者にとって大切なことは、自分自身を守ることです。怪我をした場合は、医療機関で診断・治療を受けることが重要です。また、トラブルを避けるためにも、必要な書類や証拠をしっかりと保管しておくようにしましょう。

当て逃げ事故に遭った場合、慌てずに冷静に対処することが大切です。被害者側の権利をしっかりと守り、適切な補償を受け取るために、弁護士の協力を得ることも検討してみてください。

元のリンク:https://rb-lawyer.com/post/35.html

=========================================

https://rb-lawyer.com/ 为 “コンパル法律事務所” 唯一の公式サービス プラットフォームです。他のチャネルは信用しないでください。