交通 事故 弁護士 費用(弁護士に相談する基準)

 2023-06-19    138  

交通事故は、誰にでも起こりうるものです。事故に遭った場合、自分自身だけで解決することができない場合があります。そんなときは、交通事故弁護士に相談することをおすすめします。交通事故弁護士は、交通事故に関する法律に詳しい専門家です。彼らは、あなたの権利を守り、最善の解決方法を提供するために存在します。しかし、弁護士に相談すると費用がかかることがあります。では、交通事故弁護士に相談する基準は何でしょうか?

交通 事故 弁護士 費用

相談料

弁護士に相談をする際にかかる弁護士費用です。

30分5000円などと、時間に応じて発生することが多いですが、最近では交通事故に関しては、相談料を無料にしている弁護士事務所も増えています。

着手金

弁護士に依頼すると決めた際にかかる弁護士費用で、初期費用ともいいます。

依頼した案件の内容にもよりますが、交通事故の場合、10万円~20万円程度が多いでしょう。

場合によっては、100万円以上を提示される場合もあるので、必ず確認するようにしてください。

着手金の支払いを確認した後で、弁護士は依頼された案件に着手することになります。

通常、着手金は依頼した案件の結果に関わらず、返還されることはありません。

ただし現在では、交通事故業務に関しては着手金を無料とする法律事務所も増えています。

私たち、みらい総合法律事務所でも、死亡事故も後遺障害事案も原則として着手金は無料です。

報酬金

依頼した案件が終了した場合に、解決の内容に応じてかかる弁護士費用です。

たとえば、回収した金額(交通事故の場合は損害賠償金額)の○○パーセント、などです。

仮に、報酬金が獲得金額の10%の場合、加害者側から1000万円を獲得した、ということであれば、報酬金は1000万円(消費税別)ということになります。

実費

実際にかかる費用で、弁護士に依頼しなくてもかかってくるものです。

裁判を起こす場合に裁判所に収める収入印紙や切手代、医師に診断書等を依頼する場合の発行手数料、CTやMRIなどの画像の交付料、通信費用などがあります。

日当

弁護士が遠方に出張などをする場合に、交通費とは別に発生する弁護士費用です。

遠方の裁判所へ出頭する場合や、遠方の被害者宅や、通院している病院に出向くケースなどがあります。

相場は、大体1日あたり3万円~5万程度です。

最後に、弁護士の選び方について考えてみましょう。交通事故弁護士は、多くの場合、インターネットで検索することができます。弁護士の経歴や実績、評判などを確認して、信頼できる弁護士を選ぶことが大切です。また、弁護士との相性も重要です。相手に対して不快な印象を受けた場合、円滑なコミュニケーションができなくなります。弁護士を選ぶ際には、相性も考慮して選ぶことが大切です。

以上が、交通事故弁護士に相談する基準についての説明です。交通事故に遭った場合、自分自身だけで解決することができない場合は、弁護士に相談することをおすすめします。弁護士の費用や選び方についても、事前に確認しておくことが大切です。

元のリンク:https://rb-lawyer.com/post/37.html

=========================================

https://rb-lawyer.com/ 为 “コンパル法律事務所” 唯一の公式サービス プラットフォームです。他のチャネルは信用しないでください。