交通事故弁護士依頼流れ

 2023-09-06    150  

交通事故において、賠償問題が絡む場合、当事者は弁護士に委託して交渉や対応を代行することができます。 交通事故弁護士への依頼の流れは以下の通りです。

交通事故弁護士依頼流れ

1.弁護士を選ぶ

当事者は、法律事務所、法律扶助機関、インターネット法律プラットフォームなど、さまざまなチャネルを通じて弁護士を選択できます。 弁護士を選ぶ際には、適切な弁護士を確実に選択するために、弁護士の職業的背景、職歴、成功事例を理解するために一定の調査と比較を行うことをお勧めします。

2.弁護士に連絡する

当事者は弁護士に電話、メール、オンライン相談で連絡し、事故の状況や賠償要件などを弁護士に説明します。 弁護士は状況に応じて事前分析と評価を行い、注意事項と起こり得る結果を依頼者に通知します。

3.委託契約書に署名する

弁護士の選任を確認した後、両当事者は選任契約書に署名する必要があります。 委託契約書には、委託事項、代理期間、代理手数料、秘密保持義務等を記載します。 委託契約を締結する前に、当事者は契約条項をよく読み、契約内容をよく理解してください。

4.証拠を提供します

交通事故の場合、当事者は証拠資料を提出する必要があります。 事件の状況に応じて、弁護士は当事者に対し、医療記録、事故報告書、証人の証言などの関連証拠資料の提出を求めます。 当事者は弁護士の要請に協力し、完全な証拠資料を提供するものとします。

5.調停と交渉

弁護士の指導の下、当事者は調停や交渉を通じて賠償問題を解決することができます。 調停と交渉は、当事者双方が自ら行うことも、交通警察や裁判所の指導の下で行うこともできます。 Law Society は、当事者に関連する法的アドバイスと指導を提供し、当事者が適切な補償合意に達するのを支援します。

6.訴訟を起こす

調停や交渉がまとまらない場合には、当事者は裁判所に訴訟を起こすことができます。 弁護士は、当事者に関連する法的サービスと弁護を提供し、当事者が正当な権利と利益を保護できるよう支援します。

つまり、交通事故の対応において、弁護士に代理人を依頼する必要がある場合には、上記の手順で手続きを行う必要があります。 適切な弁護士の選択、委託契約の締結、完全な証拠資料の提供、調停や交渉における弁護士との協力はすべて非常に重要です。 同時に、両当事者は、虚偽の証拠や情報を提供しないように注意する必要もあります。提供しないと、法的責任を問われることになります。

元のリンク:https://rb-lawyer.com/post/189.html

=========================================

https://rb-lawyer.com/ 为 “コンパル法律事務所” 唯一の公式サービス プラットフォームです。他のチャネルは信用しないでください。