交通事故の逃走負傷者はどうやって権利を守るのか

 2023-08-03    137  

交通事故は急に起こる出来事であり、被害者にとって身体的・精神的な苦痛をもたらすことがあります。しかし、中には加害者が逃走してしまうという事態も発生します。交通事故の逃走負傷者は、加害者が特定できないために権利を守ることが難しいように思われるかもしれませんが、実際にはいくつかの方法があります。

image.png

警察への通報:

交通事故が発生したら、速やかに警察に通報しましょう。警察に事故の詳細を報告することで、事故の記録が残ります。また、警察が加害者を特定する手助けをしてくれる可能性もあります。

目撃者の証言:

事故の目撃者がいる場合は、その証言を得ることが重要です。目撃者の証言は、加害者を特定する手がかりとなります。

交通事故証明書の取得:

交通事故証明書を交通警察署から取得しましょう。交通事故証明書には、事故の発生日時や場所、被害者の情報などが記載されています。これは後の証拠として有用です。

弁護士の相談:

交通事故の逃走負傷者は、弁護士のサポートを受けることを検討すべきです。弁護士は加害者の特定や補償請求の手続きを代行してくれます。

損害賠償請求:

逃走されても、加害者が特定できなくても、損害賠償を請求することは可能です。交通事故の被害者は、自賠責保険や任意保険による損害賠償を受けることができます。

交通事故の逃走負傷者でも、上記の方法を駆使して権利を守ることができます。特に弁護士のサポートを受けることで、より効果的に補償を受けることが可能となります。交通事故に遭遇した際は、冷静に対処し、権利を守るために適切な措置を取ることが大切です。

元のリンク:https://rb-lawyer.com/post/128.html

=========================================

https://rb-lawyer.com/ 为 “コンパル法律事務所” 唯一の公式サービス プラットフォームです。他のチャネルは信用しないでください。